代表紹介

初めまして。 サンライズ管理者の荒木太郎です。

私は2005年6月にサーフィン中のアクシデントにより、頸椎を損傷し四肢に麻痺が残り車椅子生活になりました。

そこから5年間のリハビリ生活を終え、2010年6月地元木更津に戻り、 自分にとって第二の人生をスタートさせました。

自身の経験のもと、肢体不自由者、車椅子利用者でも 地域で自立した日常生活を送ることができる環境を作る必要性を強く感じ、 多くの仲間、先輩方からのアドバイスをいただき、 そのような環境を築き上げる決意のもと

サンライズヘルパーステーション・サンライズトレーニングデイを立ち上げました。

私達は、障害者と健常者が混ざり合える社会を実現させるために、 利用者様ひとりひとりが地域で自立生活が送れるよう サービスを提供させていただきますので、 今後ともよろしくお願い致します。

S__1048725.jpg

1977年 福岡県生まれ

1995年 暁星国際学園高校卒業

2001年 工学院大学工学部機械工学科卒業

2001年 株式会社ヤナセ 入社

2005年 サーフィン中のアクシデントにより頸椎損傷

2006年 伊東重度障害者センター入所

2006年 株式会社ヤナセ 退社

2009年 国立職業リハビリテーションセンターDTP科入所

2012年 NPO法人BRETHRENブレスレン立ち上げ

2013年 早稲田大学人間科学部健康福祉科学科入学

2015年 サンライズ ヘルパーステーション設立

2019年 サンライズ トレーニングデイ設立